カラダに貢献

なぜ電気分解した水が体にいいのか

電気分解水とは電気エネルギーを与えH+(水素イオン)、O-(酸素イオン)に分解した水のことです。
なぜ電気分解した水が身体にいいのかと言うことについては、はっきりした科学的根拠が分からずに再現性のあるpH(ピーエイチ:水素イオン濃度)がアルカリ性になることが原因だと思われていたようです。
つまりは「アルカリ性の水だから健康に良い水だ」となっていったと言ってもいいでしょう。

ですが現在では、それは科学的に否定されているのです。
人間の体は70%が水分で、その血液を中性(弱アルカリ性)に保つ必要があり、酸性の身体になってしまいますと「活性酸素」が活発となり、老化の進行が普通よりもより早く進む恐ればかりか、血管などの老化は血液に負担がかかるようになり大きな病気などにもなりやすいと言ってもいいでしょう。
どうして酸性の身体になるのかといいますと食生活に大いに関わりがあり、欧米化した食事に、忙しさで外食などで済ませてしまうということから、肉類や麺などの穀物類が多くなり、食べ物によって身体が酸性化してしまうのです。

そのために飲むことを勧められていると言ってもいいアルカリイオン水はですが、人間の身体がアルカリ性になってしまうと薬を十分に吸収しなくなるという性質があるのです。
アルカリイオン水で飲むことで、胃の中がアルカリ性で満ちてしまうと、薬の摂取を邪魔する場合があるのです。
電気分解した水により、身体に大変良い活性水素が豊富に作られます。
交流で電気分解できた水素水は長時間長持ちするという点でもお勧めであるといえるでしょう。

同じように水を飲むのならば身体の状態にあった水を飲むことがよく、現代のように肉食中心になりつつある食生活には電気分解した水であるアルカリイオン水が酸性に傾きかけた身体を立て直してバランスをとってくれる役割をもっているといってもいいのかもしれません。
ただどこか確かな根拠もないという話も多いので、自分の身体を省みて選ぶのもいいでしょう。
みなさんもウォーターサーバーで健康生活はじめてみませんか。

Copyright(C) 2013 豊富で健康な飲み物 All Rights Reserved.