カラダに貢献

どれだけ知ってますか?水の種類

「水」というのは総称であり、実際には水の種類はいろいろに分かれることができます。
原材料としての水にも区分があるのです。
「浅井戸水」といえば比較的浅い井戸で採取した井戸水のことで、「深井戸水」とは深い井戸からポンプ等により取水した井戸水のことになります。
「湧水」は地面などから湧き出している地下水で、「鉱水」はポンプ等により取水した地下水のうち鉱物質等が溶け込んでいる地下水のことで、「鉱泉水」は自噴する地下水のうち水温が25℃未満の地下水であり、鉱物質が溶け込んでいる地下水のことです。

「温泉水」は自噴する地下水のうち水温が25℃以上の地下水、又は、温泉法第2条に規定される鉱物質等含まれ、地下水のうち飲める水で、「伏流水」は極めて浅い地下水で、河川の水が地層の下に浸透した水のことであり、上下を不透水層に挟まれた透水層内に生じる流水のことです。
これらは自然の水として利用されています。
また自然にあったものを人間が利用したり手を加えて販売している水もあります。

それがミネラルウォーターです。
ナチュラルウォーター」は特定水源より採水された地下水で濾過、沈殿及び加熱殺菌以外の物理的や化学的処理を行ってはいけないことになっています。
「ナチュラルミネラルウォーター」もほぼ同じですが、地下で滞留又は移動中に地層中のミネラルが溶解した地下水のことです。
「ミネラルウォーター」はナチュラルミネラルウォーターを濾過、沈殿及び加熱殺菌以外に次に揚げる処理を行ったもので、複数の原水の混合やミネラル分の微調整、ばっ気などを行います。
「ボトルドウォーター」はミネラルウォーターと同じですが、濾過、沈殿及び加熱殺菌以外に原水の本来成分を大きく変化させる処理を行ったもののことになります。
これらのミネラルウォーターの基準はあくまで日本のもので、ヨーロッパなどのものになりますと異なります。
水道水は日本人にとってお馴染みの水で、ダムなどに溜められた水を加工処理をし、家庭まで水道管によって水を届けてくれます。
また、ミネラルウォーターの口コミなども参考にご覧ください。

Copyright(C) 2013 豊富で健康な飲み物 All Rights Reserved.